※最新の老眼治療「遠近両用白内障手術」は、白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して視力を回復させます。白内障の改善だけではなく、老眼改善にもなる画期的な治療法!


白内障手術の進化形!

従来の白内障手術と変わりませんが、レンズに秘密があります。遠く・近くの両方に対応した「遠近両用眼内レンズ」が、注目!
※TVでも話題!、白内障と同時に老眼・近視・乱視・遠視の治療が可能です。しかし、費用が高額!

遠近両用白内障手術とは!?

TVでも話題、最新の老眼治療「遠近両用白内障手術」は、白内障と同時に近視・乱視・遠視・老眼の治療が可能です。

また、遠く・近くの両方に対応した「遠近両用眼内レンズ」が効果的として、注目を浴びています。眼鏡を使わずに、より快適な裸眼生活をご希望される方に最適です。

遠近両用白内障手術の治療方法は、従来の白内障手術と変わりませんが、レンズに秘密があります。従来、使用されていた単焦点レンズ(ピントが1つに合わせる)ではなく、多焦点眼内レンズが用いられる為、遠く、近くでもクリアな視界が期待されるようになりました。

白内障手術後の見え方

そもそも白内障手術とは、白く濁った水晶体(ピントの自動調節機能)を取り除いて、水晶体の元の位置に眼内レンズを挿入する治療法です。

従来の白内障手術では、単焦点眼内レンズが一般的でした。その為、遠く・近くの何れかしか選べませんでした。当然、遠くへ合わせると、近くが見づらくなる為、老眼鏡が必要になります。

そこで、遠近両用白内障手術では、白内障の改善だけではなく、老眼改善にもなる画期的な治療法になります。また、厚生労働省に認められた老眼治療になります。

遠近両用白内障手術は、医院によって、使用する眼内レンズは異なります。一人ひとりの眼の状態や、ご希望の見え方、ライフスタイルを考慮して、使用する眼内レンズを選択しています。

眼内レンズ

白内障は、早い方で50歳代前半からはじまり、50歳代で約50%、60歳代で約80%、70歳代で約90%、80歳代でほぼ100%の方に濁りが見られると言われています。

また、失明の原因の半分が白内障であると云われています。その為、白内障の手術件数も益々増え、年間約100万件行われているのが現状です。

遠近両用白内障手術を提供している医院

遠近両用白内障手術の治療を提供してい医院をご紹介します。当サイトで、ご紹介している大手レーシッククリニックでは、料金を限りなく抑えています。

また、患者の眼の状態や希望により、多焦点、乱視用など、複数の眼内レンズを用意されています。

他の医院と比べても老眼治療に関する実績が遥に豊富な医院になります。失敗しない為には、実績の多い医院を選ぶ事が重要です。
(以下、料金は、2018.09.01 現在)

施術内容 料金
◎乱視あり、乱視なしのプランを提供 556,000円~
(両眼:税抜)
【公式サイト】
品川近視クリニック
施術内容 料金
◎乱視あり、乱視なしのプランを提供 780,000円~
(両眼:税込)
【公式サイト】
神戸神奈川アイクリニック
施術内容 料金
◎乱視あり、乱視なしのプランを提供 780,000円~
(片眼:税込)
【公式サイト】
新宿近視クリニック

遠近両用白内障手術の方法

手術の状況

遠近両用白内障手術にかかる時間は、片眼30分程度と、短時間で終了します。手術前に点眼麻酔を行うため、手術中は痛みを感じることはありません。

当日の所要時間は、手術前の準備(診察や検査など)、手術後の休憩時間を含めて約2時間程度になります。

step.1
●水晶体を除去
局所麻酔をした後、手術器具を使って濁った水晶体を摘出します。
step.2
●遠近両用眼内レンズを挿入
眼内レンズを挿入し、切開部を縫合して手術は終了です。手術後眼帯を装着する為、両眼同時には行いません。1週間後を目安にもう片方の眼の手術を行います。

遠近両用白内障手術のメリット、デメリット

  • 白内障と同時に老眼を治療する事が可能となり、老眼鏡なしで、本・新聞など、近くも遠くも見ることができます。
  • 仕事や趣味、スポーツなどで、近くも遠くも、できるだけメガネなしで日常生活が送れます。
  • 手術後は眼帯を装着する為、両眼同時には手術は行えません。片方の眼を手術後、1週間後を目安にもう片方の眼の手術を行います。
  • 当サイトで、ご紹介している大手レーシッククリニックでは、両眼で50万円台~と他の老眼治療と比べて、高額になります。

検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。