※レーシック手術での感染症について、大手レーシッククリニックを検証しています。過去に感染症を発症した事がないレーシッククリニックをご紹介します。


レーシックによる感染症の発症状況

当サイトで、ご紹介している大手レーシッククリニックでは、過去に1度も感染症を発症していない医院です。感染症の発症ゼロと言う訳けです。
※現状、感染症を発症させない為に徹底した衛生管理を行っています。ホームページでも内容を公開しています。

感染症の発症ゼロとは!

レーシック手術による感染症の発症ゼロとは、手術が原因で角膜炎などの感染症を一度も発症させた事例がないと言うことになります。

2008年に発覚した銀座眼科の集団感染事件(67人感染症)に関して、元院長が逮捕されました。感染症を発症した人は、角膜炎や角膜が白く濁る後遺症を発症し、角膜の移植が必要等の治療を負わせてしまったのです。

この様に、もし、一度でも感染症を発症させてしまった場合、現在は、衛生管理を実施しています。と言われても信頼の回復には、時間が掛かります。

何れ患者は居なくなり、結果的には、その医院は、淘汰されてしまいます。そうならない為にも医院では、徹底した対策が必要です。

実際に、レーシック手術による感染症対策が取られているかについては、その医院のホームページで調べるしかありません。

キーワードとして、「クリーンルーム」「衛生管理」「感染症は1例もありません」等、医院によって様々ですが、これらの単語が見付かれば、一応、意識が高いと考えます。

しかし、この様なキーワードや何らかの感染症対策について、何も掲載されていない医院に、レーシックの手術を任せるのは大変心配になります。万が一の事を考えた場合、その様な医院を選択しない方が無難なのかもしれません。

当サイトで、ご紹介している大手レーシッククリニックでは、手術による衛生管理は、徹底して行われています。

また、レーシック手術による「感染症が発症したケースは一例もありません」等と謳う事は、今後、手術を受けようとしている方にとっては、安心材料の1つです。医院を選ぶ重要なポイントの1つになります。

大手レーシッククリニックによる感染症の発症状況を検証

大手レーシッククリニックによるレーシック手術で感染症の発症状況について検証しています。あくまでも管理人の所見によるものです。ご了承下さい。

管理人の所見
感染症の発症状況を検証!


殆どの方は、レーシックの手術は、初めてになります。特に安心と安全性を希望されると思われます。絶対に、感染症には掛かりたくありません。

そこで、レーシックによる“感染症の発生ゼロ”と公表する医院で手術をお願いしたいと考えるのは、当然です。

“感染症の発症ゼロ”と公開している医院では、自信に満ち溢れています。経験が豊富なドクターが執刀することは基より、感染症を発症させない万全な体制は当然のことであります。しかし、その当たり前のことを疎かにしている医院は、何れ淘汰されてしまいます。

品川近視クリニックでは、開業以来、レーシック手術による感染症の発症については、明記されていません。少々不安なところはあるものの、現在に於いても、衛生管理を徹底されています。

そして、品川近視クリニックでは、125万症例を突破して、未だに感染症を発症したと言う噂もありません。

わざわざ、レーシック手術による感染症の発症ゼロと明記しなくとても、問題は無いと考えられていると思われます。それは、裏返えせば、自信満々の証です。

また、神戸神奈川アイクリニック、新宿近視クリニックでは、開業以来、レーシック手術による感染症の発症は1件もない等を明記されており、特に安心と安全性が感じられます。

この様に、レーシック手術での“感染症の発症ゼロ”は、失敗しない為の医院選びの重要なポイントの1つになります。

実際には、どの様に感染症を発症させない取組みが行われているかを知ることが重要です。

大手レーシッククリニックでは、以下の様に徹底した管理が行われています。お勧めの医院になります。

品川近視クリニック
ホームページに於いて、レーシック手術による“感染症の発症ゼロ”等の明記はありません。
空気清浄度が管理された「ISO14644-1基準」を満たしたクリーンルームで全ての施術を行っています。使用する器具は、オゾン水や沸騰によって滅菌するオートクレーブを使用し、全ての器具を使用ごとに滅菌し、衛生管理を徹底して行っています。また、手術の際に患者に直接触れる器具は、使い捨ての物を使用しています。

神戸神奈川アイクリニック
ホームページに於いて、「開院以来、院内で感染症が発症したケースは1件もありません」と明記されています。
院内感染を防止する為に、「CDCガイドライン」という国際基準に準拠した取り組みを行っています。また、お客様それぞれの生活に戻って頂ける様、院内だけではなく、院外での生活指導・投薬(点眼)指導を重要視し、手術直後のお客様への感染対策指導にも力を入れています。

新宿近視クリニック
ホームページに於いて、レーシック手術では、「平成23年11月(症例数約3万件)の時点で、開院以来1件の感染症も発症しておりません」と明記されています。
手術室の空調には、クリーンルーム仕様の高性能HEAPフィルタを採用している。また、業界初!オゾンエアクリアeZ-10を導入し、手術室を常に清潔に保つ為に、手術が終了した後から翌朝までの間、オゾン燻蒸装置を使用し、室内にオゾンガスを放出し、手の届かない床や壁や天井までを隅ずみまで殺菌します。

検索
レーシック手術・治療
  注目エリア特集!

■全国主要都市の中で、特に人気の医院が集まっているエリアをご紹介



検索
レーシック(LASIK)
 ・視力回復の種類


  • 初期のレーシック
    マイクロケラトームによるレーシックは、10万円を切る値段で提供されています。朗報!

  • イントラレーシック
    初期のレーシックと比べて更に効果の高い治療法です。また、最も行われており、現在、実績№1になります。

  • アイレーシック
    オーダーメイドの視力矯正!わずかな歪みまで矯正できるため、より自然な見え方を実現しています。

  • Zレーシック
    眼の動きを6次元、又は7次元で追尾!レーザー照射の照射時間短縮を実現した最高峰のレーシック!

  • エピレーシック
    角膜が薄い方に朗報!エピケラトームという専用医療器具によって、角膜上皮部分のみに薄い蓋を作成します。

  • ラセック
    角膜が薄い方に朗報!アルコールを使用して、角膜上皮部分のみ薄い蓋を作成します。

  • PRK(ピーアールケイ)
    レーザー屈折矯正手術として、かつて最も一般的な治療法でした。現在、角膜ジストロフィなどの治療で活躍!

検索
話題の視力回復治療
 レーシック以外


  • リレックススマイル
    レーシックを越えた次世代の視力矯正術、従来のレーシック治療よりも切開幅が80%も少なく、より安全性を重視される方、必見!

  • ICL(アイシーエル)
    【後房型】レンズを眼内の虹彩と水晶体の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

  • フェイキックIOL
    【前房型】レンズを眼内の角膜と虹彩の間に挿入するだけの画期的な治療法!、従来のレーシック治療が受けられない方に朗報!

検索
老眼治療+レーシック
 ・視力回復の種類


  • リーディングアイ
    ピンホール効果で、近くがより快適に見えるようになる治療方法です。現在、人気上昇中!

  • Vue+(ビュープラス)
    「角膜インレー」を片眼だけに挿入し、もう片方の眼には、遠くが見える様に矯正する老眼治療!

  • モノビジョンレーシック
    片方の眼は遠く、もう片方の眼は近くが見える様に調整して、近くも遠くも両方見える様にする老眼治療!

  • プレスビーマックス
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変化させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 遠近両用白内障手術
    白内障手術の際に遠近両用の眼内レンズを挿入して、老眼や白内障から視力を回復させます。

  • AddOn眼内レンズ
    白内障手術を受けられた方の追加矯正、老眼の症状から回復する事が可能になります。

  • スープラコア
    遠近両用コンタクトレンズの様な形状に変形させ、近くも遠くも見える様にする最新の老眼治療!

  • 老眼治療CK
    レーザーを使わず、必要箇所にラジオ波をあて、手元にピントを合わせる視力回復術になります。